賞味期限大丈夫?食品の賞味期限管理ならショミカン

賞味期限って何?

賞味期限とな、みんな気にかけているみたいじゃが
そもそもどんなものなのか、誰が決めとるのか、知っとるかのう?
ワシ、ショミカン博士といっしょにひとつずつ勉強していこうかのう。
賞味期限(しょうみきげん)とは、劣化が比較的遅い食料品を包装状態のまま所定の環境に置いた状態で、製造者が安全性や味・風味等の全ての品質が維持されると保証する期限を示す日時であーる。
この表現の期限は、衛生面による問題よりも品質を問う部分に依存するため、主に長期間衛生的に保存できる加工食品に用いられるんじゃ。
製造日を含めて概ね5日以内に急速な品質の低下が認められる食料品については、消費期限で表現されるということじゃな。

5日を超える長期の保存が可能な食品については、食品衛生法・JAS法で、「賞味期限」という表記がされるのじゃ。
消費期限(しょうひきげん)とは、それ以外の期限じゃな。
消費期限は大きく分けて次の2種じゃ。
/品の消費期限:製造者が定めた、ある保存方法で概ね5日間経つと品質劣化する長期間保存できない食品の食用可能期限
⊃品以外の消費期限:化学変化を利用したり、あるいは時間の経過によって想定していない化学変化の発生する工業製品に製造者が定めた期限
つまり消費期限はじゃな、定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日をいうのじゃ。

いい質問じゃな。
賞味期限の記載は法律で決められているんじゃが、その期間を決めるのは製造業者やメーカーなんじゃよ。
具体的には製造業者が品質検査をして、品質に問題がない程度の期間を賞味期限として決めます。賞味期限等で何か問題があれば、賞味期限を決めたこの根拠となるデータの提出を求められる場合があるそうじゃ。だから安易には決められないようになっとるんじゃな。
賞味期限について定められた法律は主に次の2つじゃ。
■食品衛生法・・・・「厚生労働省管轄で消費、賞味期限の表示」
品質保持期限の設定は当該食品等に関する知識を有する者が、微生物試験や理化学試験及び官能検査の結果等に基づき、科学的に行う。
■JAS法・・・・・「農林水産商管轄で賞味期限の表示」
賞味期限は、その食品の品質保持に関する情報を把握する立場にあり、当該製品に責任を負う製造業者等が、科学的・合理的根拠をもって適正に設定すべきである。
ショミカン会員登録はこちら
ショミカン会員登録はこちら
ショミカンモバイルにアクセス

外出先、買い物中でも、携帯から在庫チェックができる!

QRコード

ショミカンは携帯からもご利用できます。
左のQRコードかURLからアクセスしてください。

URL:http://shomikan.jp/mobi/

※一部未対応のキャリア・端末あり。

ご意見をお寄せ下さい